腹筋〜FUKKIN〜:腹筋を6つに割る方法・鍛える方法専門サイト
 
腹筋〜FUKKIN〜 腹筋を6つに割る方法 トップページ 筋肉・腹筋図解 筋トレ・腹筋の基礎知識 腹筋トレーニング 腹筋・筋トレQ&A 腹筋割り実録日記 腹筋割り完全ガイド 腹筋割り推薦教材

管理人が4か月で腹筋を割った七つ道具:腹筋〜FUKKIN〜

 体重計

体組成計 ホワイト BC-754-WH(TANITA)
体組成計 ホワイト BC-754-WH(TANITA) 肉体改造をするために絶対に必須なのが体重計です。
体重計なしで肉体改造・ダイエットをするのは無理です。
それも、ただ体重を計るのではなく、体脂肪率を計れる体組成計がベストです。
何故なら、いくら体重が落ちたとしても、肝心の体脂肪率が下がらないと腹筋は割れないからです。
ですから、体脂肪率を計れるタイプの体重計を購入しましょう。
管理人は、TANITA(タニタ)の「体組成計 BC-754-WH」を購入しました。
当商品は、安価でありながら体脂肪率、内臓脂肪レベル、BMIを計ることができる、コストパフォーマンスに優れた商品です。
TANITA 体組成計 ホワイト BC-754-WH  


 姿見

木製フレーム大型ミラー
木製フレーム大型ミラー 姿見(ミラー)は肉体改造の強い味方です。
肉体改造・ダイエットを成功させるために最も重要なのは、「いかにモチベーションを持続させるか」です。
数ヶ月という長い期間、モチベーションを持続させるのはなかなか難しいものです。
そこで重要なのが、体重計で体重や体脂肪率の変化を数字で確認することと、自分の体型の変化を姿見によって目視で確認することです。
肉体改造・ダイエットが順調に進んでいくと、目視で体型が変わっていくことを実感することができ、モチベーションを高く維持することが可能になります。
姿見はなるべく全身が映る大型のものがベストです。
当商品は、高さは180pもあり、横幅も90pもありますから、全身を確認することができます。
ミラー 鏡 姿見 幅90cm×高さ180cm 木製フレーム大型ミラー


 ダンベル

ダンベル ラバータイプ(FIGHTINGROAD)
ダンベル ラバータイプ(FIGHTINGROAD)

腹筋を割るためには体脂肪率を下げる必要があります。
そのために筋トレ(ウエイトトレーニング)で筋肉を増やし基礎代謝を上げるという方法で管理人は腹筋を割りました。
筋肉を増やす目的でウエイトトレーニングをする場合、バーベルを使うかダンベルを使うのかの2択になります。
もちろん両方を使うことも可能ですが、どちらか一つでも十分なトレーニング効果は得られます。
管理人はマンションの一室でトレーニングをしていますので、場所をとらないダンベルを使いました。
当商品は、長年人気ナンバーワンのダンベルです。
安心のオールラバーコーティングなので、床に置く際も安心。
20kgセットから60kgセットまで幅広く選ぶことができる点もお勧めな点です。
男性の場合は、50kgセットか60kgセットのどちらかを選ぶといいでしょう。
ダンベルだけで、十分な肉体改造はできますので、ご安心下さい。

ダンベル ラバータイプ 【トレーニング解説DVD付】


 フラットベンチ

フラットベンチDX4(BODYMAKER)
フラットベンチDX4(BODYMAKER) ウエイトトレーニングをする場合、それがダンベルであれバーベルであれ、フラットベンチなくしてウエイトトレーニングはできませんし、フラットベンチがないと十分な筋トレ効果は出ません。
筋肉を増やすためにはかなりの重量のダンベルを使わないと効果がありませんから、できるだけ極太フレームで強度・安定性が高い商品を選ぶようにしましょう。
その点、当商品「フラットベンチDX4」は、強度・安定性が高いのでお勧めです。
また、品質が高いにも関わらず価格が安いので、コストパフォーマンスに優れた商品です。
フラットベンチDX4


 トレーニンググローブ

ベンチグローブ児玉モデル2(BODYMAKER)
ベンチグローブ児玉モデル2(BODYMAKER)

ウエイトトレーニングをする際には、必ずトレーニンググローブを装着してやるようにして下さい。
これは絶対必須事項です。
何故なら、グローブをしないでウエイトトレーニングをすると、ケガの可能性が高まるからです。
汗で滑ってダンベルやバーベルを下に落とすようなことがあると、大ケガにつながります。
ですから、ウエイトトレーニングをする場合は、必ずトレーニンググローブを使うようにして下さい。
当商品の児玉モデルは、ベンチプレス世界チャンピオンである児玉大紀選手プロデュースのベンチグローブです。
シャフトを正確に握れるよう握り部分に凹凸加工を施し快適なベンチプレストレーニングをサポートしてくれます。
管理人も愛用中です。

ベンチグローブ児玉モデル2


 トレーニングベルト

リフティングベルト(BODYMAKER)
腰に不安がある方にとって必須のトレーニング器具がトレーニングベルトです。
特に中高年の方には強くお勧めします。
また、腰に不安がない方でも、トレーニングベルトを締めると、腹圧が高まるため、よりパワーを発揮することができますから、トレーニング効果を高めます。
当商品は、腰にフィットし、脱着もしやすく、なおかつ本革製と違い小さくできるので持ち運びに便利です。
腰痛が心配な方は、極力使うようにして下さい。
リフティングベルト


 リストバンド

リストバンドラップ(BODYMAKER)
リストバンドラップ(BODYMAKER) ウエイトトレーニングでケガしやすい部位が手首です。
リストバンドをすることで、手首を固定するとかなり負担が軽減します。
当商品は、ベロクロベルトで脱着できますし、固定具合を調節できるので、とても使いやすく効果が高いです。
管理人は一度手首を軽く故障したことがあり、その不安があったので、当商品を購入し、ウエイトトレーニングをする際には、必ず装着してトレーニングをしています。
そのお陰で、トレーニング中に痛みを感じたり、手首を痛めることがなくなりました。
リストバンドラップ


Copyright (C) FUKKIN All Rights Reserved.